Menu

母の日に贈る花の種類は何が良い?花店での花の買い方・選び方

母の日のギフトに、みなさんはやっぱりお花がいいと思っているのではないでしょうか。しかし、今年、カーネーションでないいろいろなお花から選びたいと思っている人たちもいます。

もちろん、母の日のギフトに、カーネーション以外のお花というのでも、全然マナー違反ということではありません。しかし、いろいろ考えると何を贈っていいかわからないから、みなさん手っ取り早い方法で、カーネーションを選択してしまっているのかもしれません。

実際には、母の日のはじまりとして知られているアンナが贈ったお花がカーネーションだったのも、お母さんが単に好きなお花だったからということなので、別に、カーネーションにそれほど拘りを持たず、アンナ同様にお母さんの好きなお花を贈るという方法も正しいです。

まずは、お母さんの好きなお花をリサーチすることからはじめてみませんか?

【母の日のギフトでカーネーション以外のお花を贈りたい】

毎年、毎年、同じカーネーションというのでは、ちょっとマンネリ化してしまい、意外性がないのではないでしょうか。ある意味、プレゼントには意外性も大事ではないでしょうか。

ですから、今年、みなさんも母の日のギフトで、カーネーション以外のお花を考えてみましょう。

実際に、周囲の人たちも、母の日のギフトにはカーネーション以外の様々なお花をプレゼントしています。ですからお花やさんでも、本当にこのような時期、いろいろなお花に満たされていますよね。花の香りも漂って、とても魅力的な時期です。

【赤いバラ】

母の日のギフトとして赤いバラをプレゼントする人たちもいます。もちろん、バラも、母の日のギフトとして有効的アイテムです。お母さんも、目のさめるほど刺激的な赤いバラに、感動とともに喜びを持ってくれるはずです。

赤いバラの花言葉は「愛情」や「美」なので、母の日のギフトにもしっかりマッチしています。

ピンクのバラというのもおすすめです。優しいお母さんのようなお花です。ピンクの淡いバラには、「感謝」や「しとやか」という花言葉があります。

【ガーベラ】

母の日のギフトとしてというのもおすすめです。ガーベラの丸みを帯びたお花って、カーネーションとも違い、バラとも違い、何かポップな新しい感じもあります。

ガーベラの花言葉は、赤いお花が「前進」で、黄色は「親しみ」、そして、ピンクは「愛」や「美」です。

【ユリ】

ユリの凛として高貴なイメージも、きっとみなさんのお母さんに相応しいのではないでしょうか。母の日のギフトにユリを贈るという人たちも多くいます。

花言葉は、白いユリが「純潔」、黄色は「飾らぬ美」なので、ユリもまさに、母の日のギフトにマッチしたお花として考えることができます。

いかがでしょうか。まだまだ、お母さんにプレゼントしたい母の日のギフトに相応しいお花は一杯あります。まだ春の季節なので、お花たちも生き生きとしています。チューリップや、スイトピーなどもおすすめです。