Menu

価値のある金買取をしたい! 「金」について正しく理解

価値のある金買取のため、金についてしっかり理解するのは大事なことです。

純金とは24kのことであり、100%ではなく、純度99%以上のもののことを言います。

純金は金買取だけでなく投資ビジネスとしても有効的に利用されています。

24kとは

純金とは24kのことであり、100分率でいうと100%の金と言ってもいいでしょうけど、言い換えれば24分の24が24kです。それは24分率でのことです。ただし24kの金は「99.9」と表記しもします。

金の含有率が99.9%という言い方をしているのは限りなく100%に近いものだとしても、表面が剥き出しになっている状態では0.1%程度は他の物質が混じってしまう可能性があるからです。

ですから、純金は、100%ではなく、99.9%なのです。敢えて、100%としないことに対しても、金の相当な価値を私達は感じることになるのではないでしょうか。

24分率

金買取をしてもらおうとしているみなさんにとって、なんで、金の純度は、24分率かということも気になる問題であり、わかりづらいですよね。

しかし、わかりづらいと言いますが、一日は、24時間ですし、数字としては、24という数字は想像しているよりもスムーズに私達に浸透して来たりするものです。

24金って中途半端……という感じもないではありませんが、これ以上の金は存在しませんということを言っています。

金のいろいろな種類

もちろん、金は24金だけでなく、いろいろな種類の金を買取して欲しいと思っているのではないでしょうか。18金というのもとても名が知られていますし、22金、9金という場合もあります。

18金であれば、24分の18ということなので、見た目100%に見えたとしてもそれは、もちろん100%のことではありません。100分率では75%の金ということになります。

金の種類には、更に、イエローゴールドやホワイトゴールドと言ったものがありますが、そのようなものは、他の金属が中に混じり、色をつけたりしたものです。このような種類を合金という言い方をして、「K18WG」や「K10YG」として表記します。

18金と24金の違い

同じ、100%の金に見えたとしても、18金と24金には大きな違いがあります。18金とは、金が75%含まれているものに対して言います。

ですから、金買取業者に依頼しても24金程には高い買取価格にはならないでしょう。それを、頑張っていろいろな買取業者に依頼をしたところで結果は同じです。

18金は、アクセサリーなどに多く使用されているため、私達の生活に身近なのはこちらの方なのかもしれないですよね。

24金は延べ棒など投資目的として頻繁に利用しています。実際には、金買取だけでなく、金の投資も積極的に行われている現状があります。

そのような意味でも、金は、高く買取してもらうことが出来る価値のあるモノだということが出来ます。金買取をしてもらうのなら、お店には、買取のプロフェッショナルがいるので、安心してお任せすることが出来るでしょう。

https://www.speed-kaitori.jp/kaitori_accessory/about_kinkaitori/gold_24k.html