Menu

なぜ母の日にカーネーションを贈るの?カーネーションの色の意味と由来

何で母の日になれば多くの人たちがカーネーションをプレゼントしたいと考えるのでしょうか。私達がお母さんに対して感謝する日が母の日です。より母の日を大事なイベントとして認識するためには、何で母の日が誕生したのかその理由を探ってみましょう。

■5月の第2日曜日

現在、日本の母の日は5月の第2日曜日です。日にちが確定されないことにも違和感はありますが、世界的にみてもこれは珍しい訳ではありません。

なんで日本で母の日が誕生したのかといえばアメリカの歴史を遡る必要があります。もう既に100年以上も前の話しになりますが、アメリカ・ウェストヴァージニア州に、アンナ・ジャービスという女性がいました。

アンナのお母さんは1905年5月に亡くなってしまったということです。アンナのお母さんは、苦労をしてアンナを一生懸命育ててくれました。そんなお母さんをアンナは追悼したいと考えることになります。

この追悼会は、1908年5月10(当時の5月の第2日曜日)に行われたと言われています。このときにアンナは亡くなったお母さんとの思い出の品として「白いカーネーション」を贈ったと言われています。

アンナが贈った白いカーネーションは、参加者に一輪ずつ渡されることになり、これが母の日の起源とされています。このような歴史をみれば、母の日のはじまりは白いカーネーションだったということになります。

その流れが日本人にも伝わることになります。まさにアンナの思いが、アメリカ人を動かし、日本の習慣も変えたという感じでしょうか。

1910年はウエストバージニア州で「母の日」が認定され、1914年アメリカ連邦議会で、5月の第2日曜日を「母の日」とする法律が生まれます。

やがて日本の母の日も、この日に従うことになります。

【日本の母の日の場合】

日本の母の日の場合、 1913年ころ、キリスト教会・日曜学校などで「母の日」がスタートしたと言われています。

1915年になると、青山学院教授のアレキサンダー女史が宣伝し、キリスト教関係団体を筆頭にして、次第に教会でのお祝い行事とし開催されて行きます。

1931年(昭和6年)には、大日本連合婦人会の結成がキッカケで、皇后(香淳皇后)の誕生日である3月6日が「母の日」と決まることになります。

1937年(昭和12年)に、お菓子メーカーの森永製菓が、母の日をアピールする行動を開始したとも言われています。

1947年(昭和22年)、アメリカの影響を受けるカタチとなり、3月6日の「母の日」が、公式に5月の第2日曜日に変更されることになります。

【母の日のカーネーションの色】

おおかた、亡くなったお母さんに対して白いカーネーションを贈るのが一般的とされているのは、やはり、アンナがそうしたことによる影響です。

そして、健全なお母さんに対しては、亡くなったお母さんと区別しようという意味合いで、赤いカーネーションをプレゼントする習慣が定着するようになります。