Menu

母の日に妻へプレゼントはNG!?母の日に注意したいこと3つ

母の日のギフトといえば、奥様も対象だと考える人たちも多くいるのではないでしょうか。子供さんが奥様のことをママといい、旦那さんママと呼ぶ生活では、母の日は優先的に奥様に対してプレゼントする日と認識するのも理解することができます。

しかし、実際に母の日のギフトでちょっと注意しなければならないことがあると言います。

まだ間に合う母の日の花ギフト

【母の日のギフトでちょっと注意しなければならないこと】

母の日のギフトに、実母と同じプレゼントによって、誤解されてしまう可能性もありますので注意してください。実際に、母の日奥様にプレゼントして嬉しいというケースもあるでしょう。それはそれで問題はないのかもしれませんが、しかし奥様は母の日、実母と同じ扱いにされてしまうことに対してあまりいい気持ちを持っていない場合が多いです。

実際にみなさんの家庭がどうかという問題は別として、旦那さんから母の日プレゼントを欲しいと思っていない奥様は、アンケートの結果40%程度います。

実際に旦那さんがママと呼ばれることがあったとしても、潜在的には旦那さんと奥様の関係は、ママと呼ばれる関係ではないという認識があるようです。

実母と同一視してしまうという理由では、実母にも申し訳ないですが、やはり、基本実母は年上であり、奥様は、年を一気に取ってしまったような気持ちにもなってしまうことがあるようです。

実際に、奥様は実母のことを尊敬していて、ああなりたいという気持ちも持つことがあるとしても、まだまだそこまで辿り着かない猶予の時間に甘えていたいと思っているのではないでしょうか。

【60%が欲しいと思っている】

しかし、このアンケートの場合、裏を返せば、60%の奥様が、母の日にプレゼントをもらいたいと思っているのです。この結果をみなさん自身、どのように理解されるでしょうか。

とにかく猶予という言い方も微妙な言い方であり、奥様も、確実に一歩一歩、実母にと近付いていることをあらわし、自覚も、日々育ってきていることでしょう。

そして、旦那さんには、ママと言われることが抵抗はあったとしても、子供さんが出来、子供さんには当然ママと言われ、一緒にママと旦那さんに言われることに抵抗はあるものの、段々と自然体で受け止めることが出来るようになって来ます。

奥様は、母の日、旦那さんからプレゼントがあれば、旦那さんが、まだ子供さんがプレゼントを贈ることができないから、子供さんの立場を借りて贈ろうという気持ちとして理解することもできます。

子供さんが出来て、家族がしっかり誕生する過程で、奥様は、間違いなく母の役割も演じていかなければならないことは理解しているはずです。

いかがでしょうか。奥様に対して、母の日ギフトを贈ることにちょっと難しい問題もありますので、最初は、まずサプライズで突然渡すというのではなく、奥様に聞いて、確認してみてからプレゼントするというのがいいのではないでしょうか。